2014年03月16日

会社印鑑の実印

実印のイメージ会社実印とは、別名「代表者印」とも呼ばれ、会社・法人・団体などの実印にあたります。
法務局へ届出をして登録する際に必要になる大事な印鑑です。
左の写真の通り、外枠には「会社名や商品名」が入り内枠には「代表取締役印又は、代表者印」が入ります。
内枠の代表取締役印は通常株式会社や有限会社の場合。代表者印は個人商店や合資会社の場合に使います。

いつ作るの?


会社の実印は、会社設立登記の書類はもちろん、銀行や役所に提出する書類にも印鑑を押す必要がありますので、会社を設立の基本事項が決まったら直ぐに作りましょう。今の時代は簡単に通販で作ることが可能です。
様々な手続きの時に、「会社実印」と言われることは多いです。そこで早めに会社実印のハンコは準備しときましょう。

種類が違う会社印


ここで説明している会社実印は代表者印と呼ばれることもあります。
その為、角印(社印)や(会社銀行印)とは別のものです。難しいですがしっかりと覚えておきましょう。

↓下記のハンコ通販サイトでは、会社設立印鑑セットなど激安で販売されています。


posted by はんこマニア at 01:30| 会社印鑑実印 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。